不貞を理由とした慰謝料請求をされ、和解で解決した事案

不貞を理由とした慰謝料請求をされ、訴訟外で解決した事案

依頼者:女性

争点:慰謝料請求

1.ご相談内容

ご依頼者の大岩さん(仮名)は、既婚者の男性と親密になったものの自身の意思で男性との関係を終了させていました。しかしその後、男性の妻から、代理人を通じて不貞に基づく慰謝料300万円を請求する内容証明郵便を受け取り、当事務所に相談にいらっしゃいました。

2.解決方法

当事務所の弁護士が大岩さんの代理人として、相手方の代理人と交渉を行いました。

大岩さんは男性と一時交際していたこと自体は認めており、また、どうしても訴訟という公開の場での争いは避けたいという強いご希望があったため、訴訟外で事件を解決するということが最大の目的となりました。

また、大岩さんと相手男性の交際期間は非常に短く、また男性と会った回数も極めて少なかったこと、男性側からのアプローチで交際が始まったことから、ご自身の責任と、相手方の請求額との釣り合いが取れていないのではないか、という気持ちをお持ちでした。

加えて、大岩さん自身の収入が不安定であったため、一定の額をお支払いするにしても、一括でのお支払いは難しいという事情もありました。

そのため、慰謝料の減額を求め、お支払い可能なプランを相手方に提案し、交渉を行うこととしました。

相手方は、不貞で受けた損害の全てを大岩さんが負担することを希望していましたが、不貞については相手男性にも責任があることから、大岩さんが全ての慰謝料を支払う場合には、後日相手方男性に求償を行うこととなり、結果として相手方のご家庭の収支は変わらないことを主張し、大岩さん自身の責任に対応する額の慰謝料の支払いとなるよう交渉を続けました。

最終的には、ご主人に求償を行わないことを条件に、当初の請求額の1/3程を大岩さんが相手方に支払うという内容で合意をすることができ、訴訟に移行せずに事件を解決することができました。

3.ポイント

代理人として弁護士がついて対応することによって、訴訟に移行せずに事件が解決する可能性が高くなります。まずは、専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

不貞を理由とした慰謝料請求をされ、和解で解決した事案

依頼者:女性

争点:慰謝料請求

1.ご相談内容

ご依頼者の香月さん(仮名)は、交際していた男性の妻から不貞に基づく慰謝料請求訴訟を提起され、当事務所に相談に来ました。

香月さんは、男性が既婚者であることは知っていましたが、男性からは原告である妻とは既に別居しており、離婚目前であると聞いていました。そのため、既に婚姻関係が破綻していると考え、男性との交際を開始していました。

2.解決内容

当事務所の弁護士が代理人として訴訟対応を行いました。香月さんは交際によって原告の権利を侵害するとは全く考えていなかったものの交際自体は認めていたことから、一定程度の慰謝料はお支払いすることを前提とした上での対応となりました。

香月さんご自身の収入からすると、原告から請求されていた金額を全て負担することは不可能であったため、減額を求めて訴訟内で和解解決を図る方針で事件を進めました。また、香月さんは仕事上の都合で、交際していた男性との接触を一切断つことは困難であったことから、今後原告から更なる請求を受けないようにすることも目的となりました。

原告は当然ながら香月さんに対して厳しい感情を抱いており、香月さんに対する証人尋問も強く希望していました。しかし、香月さんご自身が原告の前に立てるような精神状態ではなかったこと、不貞自体は認めており、尋問することで結果に大きな差が出ないと考えられたことから、当事務所の弁護士らで裁判官に事情を説明し、証人尋問を回避することができました。

最終的には相手方の主張も受け入れながら、香月さんの一番の目的であった事件の解決と、今後の請求を避けるために、和解条項案に今後の接触制限を付けないことを最優先した和解案で決着となりました。

3.ポイント

相手方に代理人が就任している訴訟の場合、ご本人が対応を行うことは非常に困難です。特に不貞に関する訴訟では、相手方代理人や相手方と相対すること自体が非常にストレスとなり、日常生活にも支障をきたします。

相手方からの請求に対して弁護士が対応することによって、スムーズかつ短期間に事件がご依頼者様のご希望にも沿う内容で解決する可能性があります。まずは、専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

「不貞を理由とした慰謝料請求をされ、和解で解決した事案」の関連記事はこちら
ページの
トップへ