離婚の法律相談時にあると良い持ち物

離婚のご相談時にあるとよい持ち物をご紹介いたします。
お持ちいただければ弁護士の判断をより正しく、より速やかにすることができます。
持っていない、取ることが難しい場合には法律事務所にて取得をいたします。
追加での費用は掛からず、実費のみで取得をいたします。

・特に持ってきていただきたいもの

夫婦間の合意書(夫婦で作られていれば)

相手の戸籍謄本と住民票

財産に関する資料(例:預金通帳の写し、株式財産関連:貸借対照表、不動産登記簿謄本)

 

・あれば持ってきていただきたいもの

保険関係書類(例:生命保険証書)

有価証券関連書類(例:証券会社からの通知、開設口座の報告書)

預金通帳写し

The following two tabs change content below.

弁護士 鈴木軌士

弁護士。神奈川県にて25年以上の弁護士経験を持ち、離婚の解決実績を多数持つ。不動産分野にも精通しており、離婚に関する不動産問題にも詳しい。事務所には心理カウンセリングが併設されており、法的なケアと精神面のケアを行うことができる。
「離婚の法律相談時にあると良い持ち物」の関連記事はこちら
ページの
トップへ