婚姻費用について

婚姻費用とは、日常の生活費、子供の養育費、交際費、娯楽費など婚姻から生じる全ての費用のことです

離婚前の別居中、離婚の協議中、離婚調停中、離婚訴訟中であったとしても、夫婦は同程度の生活を続けるために、お互いを扶養する義務があります。


ですから、離婚が決着するまでは、婚姻費用として生活費をお互いに分担しなければなりません。
1.jpg



どちらか一方の収入が少ない場合には、収入が多い側が少ない側の生活費を分担することになります。

婚姻費用の金額は、裁判所が早見表(「婚姻費用算定表」)で示しているので、それを目安に話し合いましょう。

以下は婚姻費用についての詳細です。
ご確認ください。
子一人(0歳から14歳)の場合はこちら

子二人(0歳から14歳)の場合はこちら
子一人(15歳から19歳)の場合はこちら
子二人(15歳から19歳)の場合はこちら
判例タイムズ1111号より表を抜粋

 

離婚におけるお金の問題に関する詳しい情報はこちら
 

○慰謝料
○強制執行
○婚姻費用
○財産分与
○養育費
○離婚と年金

○弁護士紹介
○事務所紹介
○弁護士費用
○アクセスマップ

神奈川県横浜市中区日本大通14

KN日本大通ビル(旧横浜三井物産ビル)2階
Copyright © 2011 弁護士法人タウン&シティ法律事務 All Rights Reserved.